MENU

HMBの効果と飲み方

HMBとは筋肉を大きくする効果があると言われているアミノ酸。具体的には筋トレなどの運動で筋肉が分解するのを抑える効果と、筋肉を増大するためのスイッチとしての役割があると言われています。

 

HMBの効果

筋トレをする人が愛用しているプロテイン。何のためにプロテインを飲むのかと言えばタンパク質を摂取するため。摂取されたタンパク質は体内でアミノ酸に分解され、筋肉の原料になったりエネルギーを生み出すために作用したりします。

 

アミノ酸の一種であるロイシンを摂取した時に生成されるのがHMBで、筋肉を増やすために非常に重要な働きをすると言われており注目が集まっています。その働きは以下の2点です。

 

筋肉の分解を抑える

筋肉は常に合成と分解を繰り返しながら大きくなったり、小さくなったりを繰り返しています。筋トレなどの運動をすると、このバランスが分解側に寄ってしまいます。運動で必要とされるエネルギーを生み出すために筋肉内のアミノ酸などが使われてしまうのですが、HMBを摂取することでこの分解を抑える事が出来ると言われています。

 

筋トレ前にバナナを食べたりして炭水化物を補給するのも、筋トレ中にアミノ酸のサプリメントを飲むのも、多くの目的は筋肉の分解を抑えることで、筋肉を増やしたい人にとっては非常に重要な効果です。

 

筋肉の分解を抑えることがバックアップの必須条件と言っても過言ではありません。せっかく筋トレをしているのに筋肉がなかなか増えない人、逆に減ってしまうような人は、運動の強度に見合った栄養が摂取できておらず、筋肉が分解に寄ってしまっている可能性が高いです。

 

筋肉の合成を促進する

筋トレで筋肉が損傷すると、同じ負荷が加わった時に耐えられるようにと筋肉は以前よりも強くなって修復します。このようにして筋肉は大きくなるのですが、インスリンというホルモンの分泌が筋肉を大きくするために重要な役割を果たしていると言われています。摂取した食品が小腸で分解される際にインスリンは分泌されると言われていますが、HMBにはインスリンの分泌を促進する働きがあると言われており、筋肉を増やすためのスイッチと言えるでしょう。

 

なおインスリンの分泌を促進するような成分の研究は盛んに行われていますが、筋肉を大きくするために手段を選ばない方は注射でインスリンを体内に増やそうとします。健康への被害が大きいですし、場合によっては命の危険もありますので、食品やサプリメントを利用してインスリンの分泌を活発にしましょう。

 

HMBと相性の良いサプリメントしてクレアチンがありますが、どのサプリが良いか気になる方はこちらのクレアチンランキングを参考にしてみて下さい。