MENU

クレアチンの効果と飲み方

オリンピック選手の8割が利用していると言われているクレアチン。筋トレの効率を上げる働きやスポーツのパフォーマンスを上げる効果があると言われており、筋肉を付けたい人やアスリート御用達のアミノ酸です。

 

クレアチンの効果

非常に多くの効果が期待できるクレアチン。その大きな働きは、筋トレなどの運動の際にエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)という物質の生成を手助けすることです。エネルギー源として利用されたATPはADP(アデノシン二リン酸)という物質に変化してしまいますが、このADPは言わば燃えカスのようなもので、これ事態にはエネルギー源としての働きはありません。クレアチンにはこのADPをATPに戻すような働きがあり、その結果以下のような効果が期待できるのです。

 

瞬発力・パワーの向上

ATPは筋トレやダッシュなどの瞬発的な動作のエネルギー源となります。ATPは短時間で枯渇してしまうため、全力を出すような運動は長続きしませんが、クレアチンを摂取することで最大パワーを発揮できる時間が長くなる可能性があります。例えば短距離走の後半でも失速しなくなったり、今までベンチプレスで10回しか上げられなかった重さが、11回、12回と上げられるようになる効果が期待できます。

 

持久力の向上

マラソンのような持久的な運動ではなく、瞬発的な動作を繰り返す場合において、持久力が向上すると言われています。例えば100mダッシュ10本でヘトヘトになってしまった人が更に多い本数を出来るようになったり、1時間筋トレしたらバテてしまう人が1時間半トレーニングをしても体力や集中力を維持できるようになったりする効果が期待できます。

 

疲労の軽減

クレアチンを摂取することで筋肉痛や肉体的・精神的な疲労が軽くなると言われています。エネルギー源であるATPが枯渇しにくくなるため、筋肉内のアミノ酸が運動で使われる割合が減り、結果として体への負担を減らすことが出来るのです。脳のエネルギー源にもなるとも言われているクレアチン。肉体だけでなく精神的な負担も大きいトレーニングをするような人にもおすすめです。

 

筋肉量の増加

以上のような効果から、筋トレで筋肉に与えられる刺激をより強くすることが出来るでしょう。筋トレの負荷を上げることはすなわち筋肉を大きくするためのチャンスが増えるということ。1回でも2回でも、限界まで追い込むことでより筋肉は大きくなります。またクレアチンは筋肉内に水分を引き込む性質があるので、単純に筋肉そのものが大きくなるでしょう。水分と一緒に栄養素も引き込んでくれるので、筋肉量を増加させるために効果的だと言えるでしょう。

 

クレアチンの飲み方

クレアチンは炭水化物と一緒に摂取すると吸収効率が良くなると言われており、食後の摂取がおすすめです。常温の水には溶けないのでお湯で割るか、多少胃腸に負担がかかるのを覚悟した上で水で流し込むかですが、錠剤タイプのサプリメントであればストレス無く飲むことが出来ます。

 

なお、クレアチンの推奨摂取量は1日あたり5g。少なすぎてもほとんど効果がないと言われており、メタルマッスルHMBに必要な量が含まれている可能性は低いでしょう。主成分のHMBですら6粒で1600mgなので、それ以上の量のクレアチンが含まれている可能性は極めて低いですし、せいぜい数十mgなのではと思われます。

 

そのためクレアチンが含まれていると謳っているHMBサプリメントは、得られる効果よりも配合していることだけをウリにしている部分が少なからずあり、必要最小限の成分を厳選したビルドマッスルHMBが、結局のところ一番コスパの良いサプリメントだと思います。

 

クレアチンとHMBを含んだサプリの代表格であるマッスルエレメンツの口コミも参考にしてみて下さい。